2台目の車の自動車保険をお得にする方法

初めて車を購入した場合、自動車保険の保険料はどうしても高くなってしまいがちです。

111新しく購入する2台目の車について自動車保険に加入するとき、一定の条件を満たせば通常の6等級からではなく、7等級(1つ進んだ割引等級)からスタートできるセカンドカー割引という制度があることをご存じですか?

もし、セカンドカー割引が適用されて7等級からのスタートとなった場合、通常の6等級と比べると約20~30%も保険料がお得になる場合があるので、ぜひ知っておきたい制度です。

セカンドカー割引の適用条件
セカンドカー割引の適用条件は保険会社によって異なる場合がありますが、ソニー損保の場合は以下の条件にすべて当てはまるとき、セカンドカー割引が適用されます。

(1) 1台目の車の任意自動車保険の等級が、2台目のお車の保険始期日時点で、11等級以上であること

(2) 1台目と2台目のお車が、自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用軽四輪貨物車、自家用小型貨物車、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)、もしくは、特種用途自動車(キャンピング車)であること。

(3) 1台目と2台目の任意自動車保険の記名被保険者および車両所有者が個人であり、かつ、それぞれ下表のいずれかに該当すること(*)

記名被保険者 契約車両の所有者
(ア) 1台目のお車のご契約の記名被保険者
(イ) (ア)の配偶者
(ウ) (ア)または(イ)の同居の親族 (ア) 1台目のお車のご契約の契約車両の所有者
(イ) 1台目のお車のご契約の記名被保険者
(ウ) (イ)の配偶者
(エ) (イ)または(ウ)の同居の親族
(*) 車両所有者がディーラー、ローン会社、リース業者(1年以上のリース)の場合は、車検証記載の使用者を所有者とみなします。
ソニー損保のセカンドカー割引の適用条件の詳細は、こちらをご確認ください。
知っておきたい2つのポイント
セカンドカー割引について、知っておきたいポイントが2つあります。

家族で2台目の場合でも適用される可能性がある
1つめのポイントは、1台目と2台目の契約者が別々であってもセカンドカー割引が適用される場合があること。

例えば、20歳の息子が初めて車を購入した場合、同居の親族でもう1台車を所有していれば、7等級からスタートできる可能性があります。

1台目と2台目の保険会社が異なっていても適用される可能性がある
2つめのポイントは、1台目と2台目の保険会社が異なっていてもセカンドカー割引が適用される場合があること。

例えば、1台目はA社で自動車保険を契約していて、新しく2台目を購入してB社で自動車保険を検討する場合、B社にセカンドカー割引の制度がある場合は7等級からスタートできる可能性があります。

セカンドカー割引の適用条件は保険会社によって異なる場合があるので、2台目の車をご購入されたら、加入を検討している保険会社にセカンドカー割引が適用されるかどうかをぜひ確認してください。
そのほかの、複数台お車を所有している場合の割引
セカンドカー割引のほかにも、ソニー損保で複数台のお車の自動車保険をご契約いただくと、「マイページ新規申込割引」や「継続時複数契約割引」が適用できる可能性がありますので、あわせて確認されてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることは* が付いている欄は必須項目です *

*