あなたの等級を保存するための中断証明書

1

自動車保険は、過去に保険金を支払う事故があったかどうかで、保険料の割引率や割増率が決まります。無事故を続けた場合は毎年ひとつずつ等級が上がって保険料の割引率が高くなっていくのですが、そうしてコツコツ積み上げてきた等級は手放したくないものです。
しかし、引っ越しや海外赴任などによるライフスタイルの変化により、車を手放す、あるいは車に長い間乗らなくなるということもあるかと思います。今回は、そのような場合に等級を一定期間保存することができる、自動車保険の中断制度について解説します。

【ご注意!】
ここで紹介する中断制度は、ソニー損保の規定に基づくものです。保険会社によって中断制度の条件?内容が異なりますのでご注意ください。
等級は最大10年間保存することができる
車の廃車?譲渡や海外渡航などにより、長い期間車に乗らなくなるために自動車保険契約を解約する場合、中断証明書を発行することによって等級を最大10年間保存することができます(*1)。
ただし、中断証明書を発行するためには一定の条件や手順があります。

(*1) 中断証明書の有効期間は保険会社や中断事由によって異なりますが、ソニー損保の中断証明書の有効期間は、一律、発行日から10年間です。
中断証明書を発行するための条件
車を所有したまま解約する場合などは中断証明書を発行することはできません。ソニー損保の場合は以下の条件を満たす必要があります。

車の状況
自動車保険契約の保険開始日から満期日?解約日までの間、ご契約の車(被保険自動車)に下記のいずれかの事実が発生している必要があります。
1. 廃車、他人への譲渡、返還がされていること
2. 車検証の有効期限が切れ、継続して車検を受けていないこと
3. 一時的に自動車の使用を中止する一時抹消(道路運送車両法第16条に基づく任意の抹消登録)がされていること
4. 複数台の車を所有している場合、ある契約車両の廃車?譲渡?返還に伴い、契約車両を他の契約車両と入れ替えていること
5. 契約車両が災害により滅失した場合

2

【例外:海外渡航の場合】
海外渡航のために中断する場合は、上記1~5の条件は必要ありません。
しかし、海外渡航の場合には、自動車保険契約の満期日?解約日が、保険契約者の出国日から6ヵ月を遡った日以降になければいけません。例えば、「自動車保険契約を解約したが、海外渡航をするのは解約日から7ヵ月後」という場合は中断証明書を発行してもらえませんので注意しましょう。

等級について
中断証明書を利用して新規加入(自動車保険を再開)するときの契約の等級が7等級以上であることが必要です。中断する契約の保険期間中に事故がある場合には、その事故に応じて減った等級が7等級以上でなければ中断証明書を発行することはできません。
(例:現在7等級であるが、3等級ダウン事故を1件起こしてしまった。?次年度の等級が4等級となり7等級未満になるため、中断証明書は取得できません。)

なお、ソニー損保では、事故がなく満期日をもって中断した場合は、中断しなかった場合と同様に1つ上がった等級で中断証明書を発行しています。これにより、現在6等級でも、中断しなかった場合の次年度の等級が7等級であれば、満期日をもって中断することで中断証明書を取得することができます。
手続期間について
中断証明書の発行期限は、自動車保険契約の満期日?解約日から13ヵ月以内です。

以上の条件を満たしている場合は、中断証明書を発行することにより等級を最大10年間保存することが可能です。
中断証明書を有効活用しよう
3数年後、新たに車を手に入れて自動車保険に加入する際、中断証明書を利用することで、新規の等級ではなく今まで積み上げてきた等級を、保険会社を問わず利用することができます。将来の自動車保険の保険料を節約することができるので、いざというときのためにも、中断制度はぜひ覚えておきましょう。

【ソニー損保での手続き】
中断証明書発行をご希望の場合は、保険期間の満期や解約日の前日までにカスタマーセンター(0120-919-274 受付時間:9:00~22:00 土?日?休日を問わず)へお電話ください。
中断証明書の発行に必要な手続きをご案内のうえ、中断証明書発行依頼書をお送りします。中断証明書発行依頼書にご記入?ご押印いただき、その他必要書類とともにご返送ください。
お客様からご返送いただいた書類が当社に到着後、1週間程度(*2)で中断証明書をお送りします。
(*2) 記入事項に不備などがある場合は、確認のために日数を要することがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることは* が付いている欄は必須項目です *

*